ピュア・メディカル社長ブログ『HIROの自分が変われば世界が変わる』

自分のスタンスはどちらなの?

2018.03.09

皆さんも人から色々と相談を受けることが多いと思います。私も年齢を重ねたからの理由なのでしょうが、老若男女問わず相談を受けることが多い気がします。

そういった相談を受ける際に最も困ることは、その方のスタンスが決まっていない時です。

「●●●で悩んでいるのですけど、どうすればいいでしょうか?」と言われても困ってしまいます。

まずは「その方がどうしたいのか?何故、そう考えたのか?」その決断をした根拠が何も解らなければ、何もアドバイスできませんよね。

皆さんはどう思われますか?

あるいは「自分は色々と考えた上で●●●と決心した!」と言っているのに、私がそれとは違うアドバイス(相手が期待していないような答え)をすると、すぐに心が動揺してしまう人がいます。

これっておかしいですよね。

「色々と考えて・・・」と言っているにもかかわらず、色々と考えてないから、すぐに心が変わる(動く)のではないでしょうかね?

「決心をした!」と言っておきながら、「やはり決心してないじゃないか!」と言いたくなります。

やはり、相談する際にも、とことん調べたり、考えぬいて自分のスタンスをしっかり決めておかなければ、相談を受ける側を含めて互いに時間の無駄になってしまいます。

実際に社会においてもそうです。プレゼンテーションであれば自分の考えを述べるわけですが、そこで自分のスタンスがしっかりとしていなければ(かつ、自信を持っていなければ)、聞き手を納得させることなどできるはずがありません。

もし、プレゼンテーションで突っ込まれたのであれば、考えやデータが甘かったからです。これからは気をつければいいのです。

人は色々と悩みを持ちますが、いつまで抱えていても解決などしません。

どこかで区切りをつける必要があります。恋愛もそうです。徹底的に考えた上で決心したのであれば、後は自分を信じるだけです。

もし、それが自分の思ったような方向で進まなかった場合は、もしかしたらその決定の際に何か仮定をつけていたのかもしれません。

そうした決定方法をしていたのであれば、その仮定が違っていたのですから、それを見直して再び決心して進めばいいだけです。

一番いけないのは答えを持たずに進むことです。

こういった状態で人に相談してはダメです。

貴方の人生なのですから?人生を大切にしてください。

考える力と限られた時間

2018.03.02

私の趣味の一つに熱帯魚の観賞があります。優雅に泳ぐきれいな魚たちを眺めていていると自分もあのように優雅に泳げたらなあ~と思うことがあります。

魚たちは餌を探すために岩をつついたり、砂地をじっと探しまわったりしています。そして自分の縄張りに他の魚が入って込んでくると、すぐに追い払い攻撃に移ります。そして、相手が縄張りより出て行くと、またゆっくりと泳ぎまわります。

狭い水槽ですから、すぐにまた他の魚が縄張りにやってきますから、朝から晩までまさにその繰り返しです。そう思うと、水槽で魚を飼うことが大変魚たちに申し訳なく思います。

そういった魚たち見ながら思うことがあります。

魚たちは何か考えているのだろうか?

彼らは自分の陣地を守る事と食べること、そして危険から身を守ることしか知らないのだろうか・・・?

もしそうなら、かわいそうな生き物だなあ・・・。
でも、この世のほとんどの生き物がきっとこの魚と同じなのだろうが・・・。

自分の寿命も知らず、与えられた餌を食べるだけ。それもいつも与える餌しか知らない。他にもある美味しい餌の事も知らず、またそういったものを食べようといった夢を見る事もなく、他の魚と友達になって遊びまわる喜びも知らず、自分がいつまでも一緒に居たい素敵なパートナーの事を考えることもなく、ただただ、海水の中をゆっくりと泳ぐのみだ。

魚らには夢はないのであろうか?

それとも人間以外の生物は夢を持たないのであろうか?

犬もそうなのだろうか?

犬が時々夢を見ているのでないかといった動きをする時があるが、それは単に顔が引きつっているだけなのであろうか?

犬は自分の寿命を知っているのだろうか?

それとも歳を取ってくるとわかるのであろうか?

もし、それがわかっていれば犬は元気な間に自分のしたいことをするのであろうか?

あるいは、その生き方や行動は変わるのであろうか?

人は他人に何かをしてあげて、相手がそれを喜んでもらえると嬉しいものだが、犬もそうなのであろうか?

道を歩いていて、他の犬に出くわし、その犬に道をゆずってあげた時、相手の犬はありがたく感じるのであろうか?

それとも何も感じないのであろうか?

意外に、相手の犬は「自分はお前より強いのだからお前がよけるのは当たり前だ!」と感じているのであろうか?

こういったことを考えていると人間の素晴らしさにつくづく感心します。

人間が幸せなのはやはり自分の生命の時間を知っているからなのであろう。

そういえば次のような言葉を思い出しました。

「あなたが彼女を愛せるのは何故ですか?それは終わりが在るからだよ」と・・・。

初めて知ったぎっくり腰の痛み

2018.02.27

先週、ひどい目に遭ってしまいました。最近はやや運動不足であったと感じたので、いつもであれば50回のインターバルで行うスクワットを、今回は一度に150回を目指して行ないました。

その目標設定が悪かったのです。

100回を過ぎたことから、「あまり無理をすると、筋肉痛が起こるかもしれないな?」と思った時に、腰骨がガクンと来た感じがしました。

「しまった!ぎっくり腰をやってしまったかな?」と即座に思いましたね。

ゆっくりと体を起こしましたが激痛が走ります。スクワットは水泳を終えてプールサイドで行っていましたから、こんな体ですべって転んでしまっては大変です。

やっとの事でシャワーを浴びて、服を着替え、タクシーをつかまえて帰宅しました。でも、タクシ―の乗車も降りる時も腰の痛い事この上ないです。

まさに、私にとっては死にもの狂いといった感じです。

「ぎっくり腰はとても痛い」と友人からも聞いていましたが、まさにその通りです。息がつまるほどに痛いですからね。

皆さんの中にもぎっくり腰をやった方がおられると思いますが、そういった方はこの痛さが分かりますよね。私は生まれて初めてでしたので、その痛さにビックリしましたよ。

一方、今まで私は自分がぎっくり腰をおこすなどとは全く予想もしていませんでした。

それは若い時は合気道で体を鍛えていましたし、社会人になっても体力維持をしっかりと行ってきましたからね。

さらに、重いものを持つ際にも、常に腰を痛めないように気を配って腰を回した後に持ち上げるとか、脚力を使っても持ち上げるようにしていましたからね。

でも、今回の件で「加齢をけっして甘く見てはいけないな!」と思いました。

今やいくら体を鍛えていると言っても、若い時のように体に筋肉が付いて頑丈な体になるわけではないですからね。

今の体の鍛え方は体にあまり無理を与えない運動量で、むしろストレッチと体力維持を目的としたものですから、今回のスクワットの150回の目標値などは考えて見れば大間違いでした。

この為、数日、会社に行けず、社員に迷惑をかけてしまいました。

ぎっくり腰は「痛いから」と言って、じっとしていることもあまりよくない様なので、家の中をゆっくりと前かがみで汗水たらしながら歩いていました。本当にみじめですね。

ともあれ、皆さんも腰だけは気を付けてくださいね。

咳をしても腰に意外と力がかかりますし、腰を痛めては寝返りも大変です。歯磨き後の口のうがいも体がそりませんから痛みとの戦いとなりますからね。

このページの先頭へ