ピュア・メディカル社長ブログ『HIROの自分が変われば世界が変わる』

このまま中国が大きくなったらどうなるか

2017.07.10

先週は中国でした。

当社が販売しているモミマーの製品チェックで工場を訪問しました。

商品に関しては工場側が100%製品検査をしていますが、さらに私たちがその商品を検査するために訪問しました。

しかし、この検査は意外に重労働なのです。

全ての機能について調べます。

機能に問題がないか単に駆動させるだけでなく、さらに実際の使用と同じように自分がイスに座って、製品に負荷をかけて問題ないかの確認も行っています。

1台の検査に15分から20分をかけて行いますが、かがんだり、立ったり座ったり、そして機械にもみまくられたりと、これを一日中、何日間も行っていると体の筋肉の疲れが取れるどころか非常に疲れます。

2日も行うと、もうくたくたで夕食も取りたくないほどなのです。

しかし製品が皆さんのお手元に着いた時に喜んでもらうのが私たちの責任ですし、マッサージ器は当社の新規事業ですので、私自らが工場に出向き検査を行っています。

一方で工場の人達は、何故日本からわざわざ社長までが来て、この大変な検査を行っているのかわからないようです。

でも、そんなこと私には関係ありません。

良い製品を届けたいだけですから。

さて話しは変わりますが、今回は自分なりに中国のこれからについて考えさせされました。

工場で商談をすると、人件費も材料費も高くなってきているので値引きはできないと言ってきます。

今まで中国で作れば安くできると考え、多くの海外企業が中国に進出してきましたが、今やその魅力はかなりなくなってきています。

更に製品の品質管理などを先進国の基準と比べますと、中国のレベルはまだまだかなり低いと言わざるを得ません。

それにも係わらず、「製品の価格は引けない」と言われれば、海外の進出企業は中国から他国に製造を移行していくのは自然の流れです。

一方、飛行機でもそうです。

機中では飛び立つまで中国の方々は大きな声で電話をしています。

日本人は決してこういった行動はしないです。

そして、飛行機が無事に到着地に着陸し、滑走路を走行し出すと、またすぐに電話が始まります。

駐機場に飛行機が着くと、安全ベルト解除OKの機内アナウンスを聞くことなく、早速立ち上がり頭上のロッカーより荷物を取りだし、我先へと機内通路に立ちドアが開くのを待ちます。

どうしてそんなにあせる必要があるのでしょうかね。

どうせ、預け荷物が出てくるまでに時間がかかるのにと思うのですが。

彼らが降りた後の機内はゴミだらけ。

新聞、雑誌、ビニール袋、スリッパ、お菓子のカスがあちこちに散乱しています。

私にとっては「一体、機内で何が起こったの?」と言いたくなるぐらいの散らかり方です。

さらに今回の機内では隣に座った中国人が、空港内で免税品をたくさん買って乗り込んできました。

両手に八つも大きな免税店のビニール袋をもち、背中には大きなリュックサック、そして肩にはボズトンバックをかけていました。

機内に入るや否や、それらをあちこちのロッカーに押し込み、飛行機の離陸後にはすぐに立ち上がりそれらを再び自分の席に持ってきて、今度は開梱し整理し出すと言った状況です。

通路をあちこちと動き回り、せわしい事この上ないです。

そして自分のイスの周りは商品のビニール袋でいっぱいです。

こういった他人に迷惑な行動をしているにも関わらず、本人はへっちゃらな顔をしています。

一体、どういった感覚の人間なのでしょうかね。

今や海外のホテルに目をむければ、中国の観光客でいっぱいです。

多くは団体旅行で来ており、観光を終えて大型の観光バスでホテルに乗り付けます。

到着と同時にホテルのロビーの静けさは一転します。

まるで、20m先にでも人がいるのかと思うほどの大きな声で、会話があちこちで始まります。

これではロビーで新聞も読めません。

また、朝食の場だというのに三輪車に乗った幼児と共に親子がレストランに入ってくることもあります。

更にはおもちゃまで持ってくる親もいます。

そして、子供はレストラン内を無邪気に乗り回っています。

他の国の人達は静かに食事をしているというのに、親はキャッキャッと声をあげて遊びまわる子供を注意することもありません。

こういった事は、今回招待された中国のレストランでも同じでした。

「是非、おいしい地元料理を出すレストランがあるのでお連れしたい」という招待を受け、店に向かったのですが、生憎個室が取れずに普通のテーブルで食事をいただくことになりました。

二卓ほど離れたテーブルには、子供が5人程とその親達がすでにいました。

その子供たちは靴を履いたまま椅子に立って、大きな高い声をあげ飛び跳ねて遊んでいます。

喧嘩でもしたのでしょうか?鳴き声も交じり、うるさい事この上ないです。

でも、親達は子供達の行動を抑えようとはしません。

一体,この親たちは子供のしつけをどのようにしているのでしょうか。

彼らのしつけとはどういったものなのでしょうか。 

ただ、「良いものを食べさせ、お金を残してあげればいい」と思っているのでしょうか。

とうとう、私達の会話も邪魔されるほどうるさい声なので、私は料理をオーダーしたものの、失礼ながらこれには耐えきれず店を出ることにしたほどです。

また、話は前後しますが物価の都市部の物価の上昇は想像を絶するほどです。

上海ではここ2年でマンションの価格が2倍になったそうです。

それは、ITや不動産で資産を作った新興金持ち達が買いまくっているからです。

買われてしまうと一般人は買うチャンスがなくなります。

ですから、庶民は朝から深夜まで一生懸命働いて夫婦でお金稼ぎます。

子供達の面倒は祖父母が見るというわけです。

このことが中国の経済を支える力となっているとも言えます。

こういったように、中国は今後ますます世界を動かすほどの経済力を持ってくることは確かですが、世界に尊敬される国となるかは、この姿を見る限り非常に難しいと思います(むしろ、こんなに利己主義で道徳観念のない人た達が多い国に力を持たせるのは早すぎると、私は言いたいです)。

まさに、中国ではひずみが起きています。

それも大きなひずみが・・・。

その点、やはり「日本人はすごいな~」とつくづく感じます。

戦後、すべてを失った日本人はその勤勉さと強い目的意識・忍耐力、教育の高さ、まじめさ、協調性等により世界に誇れる国を短期間に創り上げました。

それは誰もが認める点です

はたして、これができる人種が日本人をのぞいて世界のどこにいるでしょうか?

皆さんも一度考えてみてください。

そして、日本を愛してください。

日本人としての誇りを持ってください。

どこで自分の行動が見られているかわからないものです

2017.07.03

先週は海外でしたので食事はホテルのレストランでとっていました。

私の好きな、朝から豪華すぎない料理が出るビュッフェ形式の朝食です。

私には、どうも朝から色々な料理が出ているホテルは合っていないようです。

と言って、料理が少なすぎますと寂しいので、程々でよいのです。

ただし、綺麗でおいしくなければいけませんけどね。

さて、このホテルでも卵料理については注文すれば、いろいろな焼き方をしてくれます。

基本的にはスクランブル、オムレツ、目玉焼き、そしてゆで卵ですが、お客さんの希望によって色々アレンジしてくれます。

その日、私は一人で食事をしていたのですが、隣の席では美しいインド人が食事をしていました。

淡いグリーンのキレイなサリーをまとい、「きれいな人がいるな」と思っていました。

すると彼女のところに、注文した2個の目玉焼きがウエイトレスによって運ばれてきました。

「ああ、やはり卵料理はどの国の人にも人気があるのだな・・・」と思っていたら、おもむろに彼女が、今まで食事でつかんでいた右手のフォークで、目玉焼きの黄身の部分をコンコンとつっつきだしました。

その行為は、まさに「こんなものが食べられるはずがないでしょ。あなたたち何を出しているのよ。
こんな焼き方を目玉焼きだと思っているの。もっとましなもの出しなさいよ。」と、イスに座ったまま、下からウエイトレスの顔を見上げぶつぶつと文句を言っているようです。

きっと、「もう一度、作り直してもってきて!」と言っているのでしょうね。

まさに横柄きわまりない態度です。

私はこれを見て「外見は綺麗であっても、しっかりとした教育を受けてない人はダメだな。自分を何様と思っているのだろうか? 決して、まずいものを出そうとコックも作ったわけではないのだから、あの態度はないな。」と思いました。

むしろ、彼女がウエイトレスに言うとしたら、「自分の食べたかった目玉焼きの言い方が悪かったようね。本当にごめんなさいね。せっかく作ってくださったのに、私は新鮮な生の黄身を食べられないので、出来ればこれを、もう一度裏返しにして、黄身側を焼いていただけるとうれしいのだけど、お願いできるかしら。新たな卵を使う必要ないわよ。これでいいですからね。 コックさんにお手数をかけてしまってごめんなさいと言ってくださいね。」といった言い方でもしていればよいのですが、どう見てもあの態度はそうはみえませんでしたからね。

彼女は多分カースト制度の国、インドから来たのでしょうから、こういった人種差別的な行動が、ウエイトレスに対して何のためらいもなく出たのかもしれません。

とっても恥ずかしい態度ですよね。

世の中の人は自分のどこを見ているかわからないものです。

今回、私がなんとなく彼女のテーブルに目をやったように、普段の何げない平凡な行動こそ、私達はよく見ているものかもしれませんね。

約束を守る

2017.06.26

(下記は私個人としての「約束」の対する考え方を述べさせていただいておりますので、会社との関係は一切ございません)

先週は久々の韓国出張でした。

韓国では仕事を終え食堂や居酒屋に入って食事をするのが大好きなのですが、最近は中国に行っても今回の韓国でも同じなのですが、非常に気持ちが重くなることがあるというのが率直な気持ちです。

その原因は国家間の政治問題です。

中国に関しては、特に2年程前には日本は尖閣諸島の領土問題でもめていましたよね。

ニュースでも度々報道され、日本はしっかりとした根拠を基に日本の領土としての主張を述べていましたが、ご存知のようにしばらくするとテレビではあまり放送されなくなりました。

しかし、中国に行ってみると日本とは大違いでした。

テレビでは30分ほどの特集番組が組まれ、戦争のビデオを流し、「当時日本は中国人にこんなひどい事をしたのだ」と言った反日国民感情を掻き立てるような放送が流れ、「その日本は今、権利もないのに尖閣諸島の領有権を主張しているのだ!」と国民に流布しているかのようです。

その場にいるお客は、酒を飲みながら、あるいは食事の箸を止めてその放送を悔いるように見ています。

私はそういった場で、親しい中国人と一緒に楽しく食事をしているのですが、だんだんとその放送が気になりだし、気分の重い事この上ありません。

おそらく、その放送を見ている中国人達は「日本人はなんとひどい人種だろうか。ひどい事を中国人にした上に、今度は領土を自分たちのものだと主張などしやがって・・・」という気持ちが沸き上がっているのではなかろうかと感じないわけにはいきません。

一方、今回の訪韓においても慰安婦問題の件がテレビで度々放送されていました。

日本でも、最近は何回かこの件について報道されましたが、それは新大統領となった文在寅大統領に、すでに「永遠かつ不可逆的に解決した」とされる慰安婦問題において、韓国側の対応が遅れているので文在寅大統領はこれをしっかりと実行してくださいよ」といった韓国側への再確認とともに、着実なる行動を依頼すると言った内容です。

アメリカをオブザーバーとしておこなった日韓慰安婦合意に、日本は何ら違反する行為は全く行っていません。

しかし、日本は新大統領の選挙戦の頃からこの実行を次の大統領が行ってくれるのか?と気にしていたのですが、残念ながら新たな文在寅大統領は、この合意事項を無効にできないかと今は奮闘しています。

テレビでも新政権は「日本はもっと明白な謝罪をすべきだ。このままでは韓国国民が納得しない。日本人は金で問題処理をするのか。両国にとって更なる交渉が必要だ。信頼に基づく関係構築をしなければならない。」等々、色々な事を言っていますが、私にとっては何を述べているのか理解ができません。

互いに合意したことに今さら何を言っているのだという気持ちになります。

大統領が変われば合意が無効になるとでも思っているかと言いたくなります。

それはこの合意事項において両国の国民100%が手をたたいて喜んだとは私には思えません。

しかし、両国の親和・発展のためにこの問題は早く解決せねばなりません。

これは両国も同じ思いのはずです。

そのためには、当然のことですが互いに何かリスクを負うことは避けられぬことです。

正念場とはそういうものです。

そういったことぐらい、前朴大統領は理解していたはずです。

それが政治家です。

文在寅大統領が「国民の感情が許さない」と言った言葉を使うのであれば、未來栄光この問題は解決できないのではないでしょうか。

しかし、リスクをとっても合意を行うことが両国のために絶対に良い事と思ったからこそ、合意したのではないでしょうか。

それこそが政治判断なのではないでしょうか?

でなければ、韓国はどうやってこの問題を解決するつもりなのでしょうか。

未來栄光ずっと色々な歴史問題を掲げ言い続けながら、良好な日韓関係が築けれるとでもいうのでしょうか?

私はそうは思いません。

文在寅大統領が「時間がかかる」と言ってどれほどこの問題にあがこうが、すでに日本は履行すべきことは終えているので、後は韓国が約束したことを実行するだけです。
やるべきことはそれ以外には何もありません。

もし、韓国がこの合意事項を遂行しなければ、韓国が世界から信用されなくなる事は明らかです。

私は日韓の関係が強く良好になることを強く望んでいます。

いつまでも昔の事を言い続けても何の発展につながるのでしょうか。

国民は幸せになるのでしょうか。

まして、かつて前朴大統領が世界に出かけてこう問題を言いまくった行動は、果たして一国の長である大統領がすべき行動だったのでしょうか。

国の経済がどんどん悪化している中において国民の暮らしが苦しくなる中、それを立て直すこともせず、強大な会社との癒着を大事にする前大統領、今は厚いコンクリートの中で何を考えているのでしょう。

ともあれ、個人の関係であろうと経済社会であろうと、国家間の問題であろうと何事も信用を得るには約束をしっかりと守ることです。

合意した事項の約束を守らないのに、誰が相手の意見を聞くのでしょうか。

述べたいことがあるのなら、まずは約束を守ってからだと私は思います。

文在寅大統領は弁護士の経験があるのですから、法律家の専門家として良く考えていただきたいと思います。

このページの先頭へ