ピュア・メディカル社長ブログ『HIROの自分が変われば世界が変わる』

やりすぎた当日配達

2017.04.07

今週、皆さんにとって気になった話題はなんでしょうか?

私にとっては、ヤマト運輸がアマゾン.comの当日配送サービスの受託から撤退する方針を固めたということです。

以前からニュースでも宅配業界では再配達といった業務が、人手不足により従業員の負担となっていることが何度か伝えられていましたが、とうとうヤマト運輸が当日配達をやめると決定したことは私もよく理解ができます。

私もアマゾンでよく買い物をしますが、その理由の一つに「すぐに品物が届く」ということがあります。

品物によっては当日届くものもたくさんありますね。

でも実際、その品物が自分にとって当日に必ず必要なのか?というとそういった事はあまりありません。

ただ、私にとって購入品はどんな品であれ、なるべく早く手にしたいといった気持ちがあり、当日に届くのであれば当日配達を選択しているにすぎません。

ですから、本当のニーズは、アマゾンがお客さんに早く品物を届けてあげようとするサ-ビスが、お客さんにとっては「それほど早く届けてもらわなくてもいいけど、今日届けてくれるというのであれば、断る理由もないので、それでは早い方法がうれしいしいし、配達時間にもし自分が不在であっても、再配達ないし、宅配BOXに預けておいてくれればそれでいいから」といった、軽い気持ちで本日配達を選択している人が実は非常に多いように私は思っています。

もし私がアマゾンの立場であれば次のようにするでしょう。

当日配達を望む方には、配達日についてもっと考えて注文を行ってもらうようにするために、現在の有料会員年会費3900円を5000円などに値上げして、料金面の改正を行ってみてはいかがでしょうか?

あるいは、宅配の再配達といった事柄も基本的にはお客さんの不在などにより発生していることが多いわけですから、宅配業者側も再配達希望の場合は配送料を少しアップしてもよいのではないでしょうか。

利用者もこれには理解を示してくれると思っています。

今回のアマゾンの当日配達サービスは決して悪いことではないのですが、やや行き過ぎた配送サービスが宅配業者に負担をかけすぎたことに他なりません。

私はいつも、お客様が幸せになるために企業として出来ることは組織として出来るだけやりとげたいと考えていますが、出来ないこともあります。

これが何故出来ないのかをしっかりと説明すれば、お客様も理解してくださると思っています。

アマゾンもヤマト運輸も頑張ってもらいたいと思います。

素晴らしい経営理念を持った会社なのですから。

シミの原因となる物質

2017.04.03

3月31日は当社にとって事業年度最後の日となります。

金曜日という事もあり、仕事終了後、予定が合えば社員と会食でもしようと、ふと思ったのですが、さすがにFriday Nightですから、色々と予定があり取り止めとなりました。

さて、早速ですが「シミが出来る原因は何ですか?」と聞かれれば、皆さんは何と答えますか?

おそらく、「紫外線の影響や活性酸素により肌細胞が酸化するためです。弱っている肌に刺激を与えすぎたためです。あるいは、新陳代謝が悪いためです。」などといった声がでてくると事と思います。

確かにその通りです。

でも、今回覚えておいていただきたい原因が一つあります。

それは「糖分の取り過ぎ」です。

糖分と聞くとすぐに太るといったイメージがありますが、実はお肌にとって糖は大きな敵なのです。

糖分の多くは脳で消費されるのですが、余ったものは体に蓄積されます。

すると、たんぱく質と結びついて「AGE」という物質を作りだします。

これがシミの原因を作り出しています。

つまり血糖値が高いほど、体の中で糖とタンパク質が結びついて、体内で温められて糖化が進み、多くのAGEが発生するわけです。

AGEはシミ以外にも老化や臓器に悪影響をおよぼしますので、AEGはなるべく発生させないようにすることがとても大事なのです。

追記:
カステラの表面はこげ茶になっていますね。これは焼かれたことによる「こげ」とメラード反応による色素の変化ですが、この部分にはAEGが含まれています。このように、AEGは体内で作られるだけでなく、普段の食生活の中でも直接入ってくる物質なのです。

あなたの趣味は何ですか?

2017.03.27

「加藤さんの趣味は何ですか?」と聞かれるといつも非常に困ります。

趣味がないからからではありません。

美術館巡り、スポーツ、旅行、グルメ、骨董収集、経済、美容、健康、技術革新、乗り物、映画、音楽、ペット、園芸、インテリアなど、この世のすべてのことに興味があると言ってもいいくらいです。

世の中には自分が知らない事がたくさんあり、興味がわきます。

それらに係る色々な事を知りたくなって調査をしたり、自分自身で実験したり、経験をしたりしています。

その結果、もっとやってみたいとか、突き詰めてみたいなどと思ったら、それについやす時間が増えていきます。

でも、そのことだけをやりたいわけではありません。

あれもこれもやってみたいのです。

と言っても、時間の制限があるのですべては出来ません。

限られた時間内で、出来ることを決めてやるしか方法はありません。

「今日はこれをやろう、次回の連休はあれをやろう。」などと計画を立てて行います。

こういった性格ですから自分の知らないことは全てが私にとっては趣味であり、ただそれができないのは時間が限られているからというだけにすぎません。

ですから、この質問がとっても私を困らせるのです。

先週は、なかなかまとまった時間が取れなく、久々に体も疲れ気味だったこともあり、週末は自宅で日本経済の先行きについて考えてみました。
こういった予想をたてるのも私の趣味の一つですからね。

そして、それをわかりやすく人に説明してあげることが、更に私を楽しませてくれます。

先週はご存知のように日経平均の下落が400円近く落ちる場面がありました。

徐々に回復はしているものの、市場心理は今までのように強気ではないように思います。

これは日本の経済はアメリカに大きく影響を受け「アメリカがくしゃみをすれば、日本は風邪を引くと」と言われるように、アメリカ経済の先行きに不安感が出たことに他なりません。

トランプ大統領が当選して以来、単なる彼の言葉だけで実態は全くなく、アメリカの株も日本の株も上昇してきましたが、ここらでストップがかかり、「ちょっとよく考えるべきだ。」といった警告がなったといった感じでしょうかね。

トランプ政権はオバマケアの見直しを行うことを公約に揚げ当選しましたが、この見直し(代替案)の議会の承認が難しくなったために、屈辱ながら代替法案の引き下げを行いました。(イスラム圏の人達の入国を禁止した件でも司法省はそれを認めないとしていますからね)

このように自分の思った事が思うように政治は進んでいません。(世界全体を考えれば当然のことですが)

そうなると、トランプ大統領が掲げていたこれからの政策はどうなるでしょうか。

既に就任して2か月以上がたちますが、これといった政策で必ず実際に実行できるようなものがほとんどありません。

トランプ大統領は減税やインフラ投資を述べていますが、その財源はどこにあるというのでしょうか?

どこから創出するというのでしょうか?

大統領選で大風呂敷を広げただけで、それに対する明確な計画が当時あったわけではありません。

更に共和党内部の政策統一も行われていないのですから、これから先はトランプ大統領においては確実に苦難の道となります。

日本株価もアメリカの株過と同じように、トランプ大統領の政策に期待して上昇を続けていましたが、それが実現しないとなると期待はあっという間に失望に変わるのではないでしょうかね?

このページの先頭へ