ピュア・メディカル社長ブログ『HIROの自分が変われば世界が変わる』

島の交通手段

2018.05.11

GWが終わりましたが、皆さんはどのように時間を過ごされたのでしょうか?

私は5月1まで仕事をし、2日より休みを取ってタイのサムイ島に行っていました。今回のホテル選びに際しては、部屋から海が見え、そして浜辺になるべく近い事として、休暇前半においてのホテルでは周りにレストランが多い場所にし、後半はホテルを変えてのんびりとゆっくりとした場所を選びました。どちらも思ったような自分の理想とした場所にあり、ホテルのサービスもよかったです。

しかし、サムイ島の欠点はなんといってもタクシー料金がとても高いです。バンコクと比べると5倍ほどの感じです。ですから、ちょっとどこかに行くにしても、日本円で1,300円ほどかかります。行ったら戻ってこなければなりませんから、この交通費だけで結局2,600円もかかってしまいます。

一方、安い乗り物としては乗り合いバスもありますが、初めて行く方にとっては面倒でしょうから、あまりお勧めはできません。私のお勧めは次のとおりです。

まず、サムイ空港への出迎えは宿泊ホテルへ有料であっても迎えに来てもらったほうがよいです。そして、宿泊のチェックイン手続きを終えたら、「バイクをレンタルしたい」とホテルのフロントに言えば、時間がかかったとしても30分以内には用意してくれます。バイクには簡易なヘルメットですが、2つ持ってきてくれます。また、タイのオートバイはほとんどが2人乗りで、オートマチック車です。保険をかけるかを問われますが、ほとんどの場合が対物事故の場合で、人身傷害の事故保証ではありません。

ホテルで借りる利点としては、パスポートの提示はホテルのチェックインに見せているので、再び見せるといった面倒もありません。また、24時間のレンタル料金もわずか850円ほどです。バイクも決して古くはありません。後は、燃料費を負担するだけです。オートバイですから燃料代などはほとんどかかりませんので経済的です。

燃料もガソリンスタンドに行かなくても、道端の露天で750mlのガラス瓶にいれて売られていますので、これを入れればいいでしょう。

そして、最後にホテルで島の地図をもらい、スマホを持っていざ出発です。

きっと、楽しい時間が送れるはずです。

日差しが強いので、サングラスと日焼けクリームと手袋、長袖を着て乗った方がいいですね。これでもかなり顔は焼けますけどね。また、時期によって強いスコールに突如見舞われることを考え、簡易ビニールカッパも持っていた方がいいでしょう。

180511_画像1

タイの裏側事情

2018.05.04

今週はタイにきております。空港から出てタクシーに乗り高速道路より見えるタイの街はネオンがとてもきれいです。夜という事もあって気温は28度、とてもしのぎやすいです。久々のタイですが、やはり来てみるといい国だなとネオンを見ながら思います。そして来るたびにあちらこちらで立ち上がっていく高層マンションからの明かりを見ながら「タイの経済力と、かつての政権闘争によりどんどん街が変わってきているのだな~」と感じています。

思い起こせば2006年、元警察官でタイでの携帯電話サービスで巨大な財産を創り上げ、その後に首相となったタクシン氏がニューヨークへの訪問中、突如クーデターが起きました。これは彼が自分の地位確立のために国費を使って地方の近代化を強力に推し進めると称し、実質は地方の低所得者層への「金のばらまき政策」を行ったこと。また、その膨大な個人資産を海外に移すことで、自国からの課税を免れるといった不法行為が明るみとなり、インテリ層・富裕層・中間所得層からの反発がおきたわけです。(これを機にタクシン氏は海外逃亡生活をし、今なお続けております。)

そして、それから約7年間にわたりタクシン派と反タクシン派の抗争は続きました。その間には街のあちらこちらでビルが燃やされたり破壊されました。そして、金で雇わられているといわれているタクシン派の地方支持者達がバンコクに押しよせてきて、車のクラクションや旗を掲げて気勢を上げながら走り回ったりしていました。

一方、反タクシン派は大規模な抗議集会やデモを行い、街中心の大通りを封鎖し、そこにはたくさんのテントが建てられ、抗議者は現政権が退陣するまでは長期間に渡り居座るといった反政府行動で、街は渋滞、膠着状態におちいりました。

こういった治安の悪い状態のバンコクでしたから観光客は激減し、タイの旅行でもバンコクには立ち寄らずに他のリゾート地に行くといった状態が続き、市民の生活はガタガタとなっていたのでした。

そこで、とうとうこの国政悪化状態を見かねた軍がこれを打開すべく政治に介入し、この政治闘争を終焉させました。そして、軍が政治を一時的に治めることになり、現在まで安定した状態が続いております。ただ、この間においても国民より父のように愛されていたこ前国王プミポン国王が死去なされたことは、その後の政局への心配と共に国民の最大の悲しみもありました・・・

しかし、前述したように軍事政権による統治は一時的だったため、本来であれば早く総選挙を行い民生復帰すべきなのですが、なかなかそれが今なおされず何度も延長されてきているのです。

その理由は、どうも軍事政権が手を引けば、またタクシン派、反タクシン派の戦いが再燃しかねないからという理由らしいです。でも、私が思うにはこの両派の争いの根本は農村と都市の格差が背景にあるのですから、これが解決しない限りはどうにもならないのではないでしょうか?

国を安定させる軍事の介入が、残念ながら長引くことで真の民主主義が実現できてないでいるといった、なんだか難しい政治状況を寂しく思います。

アンケートでは「アジア好きな国は?」と問われると「タイ」が必ず出てくる人気の高い国ですが、このようにタイの国を裏から見ると国の安定性といった点では、実はまだまだといった国なのです。早く真の安定した国になってもらいと心から願っています。

では、皆さん、楽しいGWをお過ごしください。

電気ポットへの喜び

2018.04.27

とある休日、昔お世話になり、しばらくご無沙汰しているご婦人のところへ、その方の友人(83歳)とご一緒に訪問しました。

このご婦人の方は既にご主人は他界され、もう10年余りお一人でマンションに住んでおられます。年齢も87歳と高齢なのですが、非常にお元気で掃除から家事・買い物まで、全てお一人でなされています。とても裕福な方で、何の不自由もなく、まったくお金に困ることはありません。欲しいものは何でも買える状況にあります。そして、健康のために食事は腹八分、バランスのよい食事を取られ、散歩や体操さらには数箇所の教室で習い事をなさっておられる素敵なご老人です。

声もはっきりして頭の回転も速く、外見を見ても87歳の高年齢の老人とは思えません。ただ、年齢的にやや耳が遠いももの、髪も多いので10歳は若く見えます。

そういったご婦人と話しながら、彼女が訪問した私たちに自慢したことがあります。

それは、「電気ポット」です。

彼女は私たちに紅茶を準備しながら、「この電気ポットはとても軽くて使いやすいですよ。すぐにお湯が沸くし、大きさも私に合っているし・・・。そして、これは私の子供がくれたのですよ。本当にうれしわ♪・・・」とニコニコしながら紅茶を入れていました。

これを聞きながら、私は思いましたね。

このポットはそんなに高級なものでもなく、ごく普通の物です。このご婦人であればすぐに買えるものです。でも、「このように喜びながら、そして自慢げに私たちに話すのはなぜか?」といえば、それは「こういう便利な製品を保有しているのよ。」という所有への自慢話でなく、こうった物があれば便利だろうと子供が彼女のこと思って買ってくれたその優しい気持ちを皆に伝えたかったのでしょう。

このように子供がいつも自分のことを気にしてくれている優しさ、そしてその思いやりを受ける環境に恵まれた自分の幸せが何よりもうれしかったのでしょうね。私はそう思っています。

「人間の幸せ、それは何か?」。いつの時代でも問われ続けてきたことです。

この答えは年齢によってやや異なる点が幾つかあるかも知れませんが、やはり高齢になり、人との交流が少なくなっていく年齢においては、自分の存在も社会から薄れ、子供との連絡も疎遠になります。そして寂しさがだんだんとつのります。そういった中で、何不自由のない経済環境にいるこのご婦人においても、子供からの思いやりは何ものにも替えがたいうれしい宝物なのだ!と感じましたね。

思いやりはお金では換算できません。

実に見えないものは素晴らしいと常日頃思ってる私にとって、本当に素晴らしいことにまた気づかせてくれた彼女の自慢の一言でした。

P.S.ひまわりがたくさん咲いているのもきれいですが、小さな花が一面に咲いているのもとてもキレイですね。出社の際、道の脇に咲いていた花たちです。

IMG_5030

このページの先頭へ