ピュア・メディカル社長ブログ『HIROの自分が変われば世界が変わる』

追記

2017.07.21

この報道を受けて私がプエラリア・ミリフィカを含む健康食品を販売しているサイトを閲覧しましたところ、商品を高品質に見せるために、いい加減な表現があったり、偽りを述べているものもありましたので、この場を借りてそのいくつかをご参考までに記載させていただきましたのでご覧下さい。

例えば:
1) AAAランクの品質レベル
・・・プエラリミリフィカにおける公の品質規格は存在いたしません。

2) タイ・メディカルハーブ協会
・・・このような協会は現存しておりません。

3)多くの雑誌に掲載されました
・・・他社の製品の雑誌掲載画像を自社製品が掲載されたかのように掲載や表現をしている会社が存在します。ですから、ページに乗った商品画像を掲載していません。

4) メーカー直販です。
・・・ダイレクト販売のような表現ですが、実は販売店はメーカーの直販店でなく、単なる小売販売店です。

5)自社で製造しています。
・・・実際は自社製造工場などはなく、自社での製造品ではありません。

6)「○倍を含有」
・・・根拠となるデータの掲示がしてないので、その真偽は疑わしいです。(何故、その理由となるデータを掲載していないのでしょうか?)

7) 掲載されている証明書、分析書などの文字をぼやけ処理していて解読できない
 ・・・証明書の内容を確認したいのになぜ見えないように隠す必要があるのでしょうか?

8) 輸入製品などの場合
・・・製造許可のない工場で製造された品もございます。一般にはGMP取得工場で製造されていますが、そのライセンスのないような工場で作られたような商品は避けた方がよいでしょう。

GMPの認定工場か否かを調べるには、その工場のある国のFDAインターネットホームページ上で公開される「GMP認定工場リスト」で簡単にできます。

例えばタイ国であれば、http://drug.fda.moph.go.th/zone_gmp/gmpenglish.asp

私は今回の閲覧を通して、何故、嘘までついて商品を売ろうとするのか、そういったことを行っている企業の姿勢が理解できません。もっと誠実に販売活動を行ってもらいたいと思います。

私としては社会への責任をしっかり持ち、心から消費者のことを考え、プエラリア・ミリフィカのすばらしさを世の中に広めたいといった強い気持ちのある企業があれば、この成分を私たちと一緒に研究してもらいたいと思います。

販売会社は利益だけを追いかけるのではなく、消費者が安心して購入できる環境を作ることを大切にして欲しいです。販売会社は今回のことを通じて是非深く考え直してもらいたいと思います。

報道発表に関する見解について

2017.07.21

7月13日にTV・新聞・インターネットニュースなどでプエラリア・ミリフィカに関する報道がありましたので、当社の見解とプエラリア配合のサプリメントにおける市場の状況についてご報告させていただきます。

今回の国民生活センター発表によるプエラリア・ミリフィカを含む健康食品の相談で寄せられた件数は2012年度以降の5年余りで209件、それをよく見てみますと特に2015年以降に急激に増加し(下記の表を参照)、その割合は2014年後半から見ると何と94%も占めています。
20170720

しかし、プエラリア・ミリフィカを含む健康食品はそれよりも遡ること10年以上も前から販売されていた商品もございますので、この数年の間に何か変化が大きな変化があったと推測するのが自然かと思われます。

では、「何故これほどまでに危害が急激に増えたのか?」という点について、当社として
ここ数年間で気づくことがありました。

それは、データが示すように2014年後半になって急激にプエラリア・ミリフィカを含む健康食品が多くの会社より先を争うように販売され始められたことでした。安価品、色々な成分を含有した品、また商品の包装形態も様々です。さらには既存の売れ筋商品のブランド商品名まで使った商品が出てくるといった具合です。

それよりもまして、業界の1社として当社が気づくことは、こうした会社の販売姿勢の変化です。

「何故、自分たちはプエラリアを販売するのか?その販売に際してはどのような情報を顧客にお伝えしなければいけないのか?」といった顧客である消費者に対する思いは薄れ、利益至上主義に走った挙句、会社の顧客の側に立つというあるべき姿から逸脱しているものと感じております。

プエラリア製品は決して安価ではないにも係わらず、そのような商品も実際に存在します。
顧客への安全性や満足度を考えたら、どうしてそうした安価な製品が出来るのでしょうか?

また、商品説明では女性の興味を惹く文言が延々と並び、年齢を問わずどんな女性でもこれさえ飲めば夢が叶うような記載がなされております。しかしながら、未成年者と成人者、さらには中高年者となれば、体自体も変わりますし、それに合わせて摂取する成分さらには期待内容も変わるのが普通ではないでしょうか?あるいは飲む必要のない方もおられましょう。

実際、下記の如く酷い消費者を無視した販売行為が行われているようです。

・全額保証と謳いながら、返金が一切ない。
・最低購入回数を強要され、途中解約ができない
・体・経済的等の問題で飲まなくなり返金依頼したのに、返金されない
・プエラリア商品以外にも他の商品をセットで購入させられた。

おそらく今回指摘を受けた危害は、こうした悪徳な掲示や販売方法にだまされ、発生したものと当社は確信しております。このような類の会社や店舗は、売れている商品のコピー品や類似品を作り、ルールなき宣伝手法によりこれを強引に売りまくり、ブームが去ると見るや否やサァーと消えていきます。充分な成分知識もなく、ただ混ぜて錠剤やカプセルにして売ればよい、他社ブランドを模倣したり安くすればどんどん売れるなどと考える悪徳企業や販売店が粗悪な商品を扱えば、こういった問題が起きる事は避けられない事と当社は考えております。

間違えて捉えて頂きたくない点がひとつあります。プエラリア・ミリフィカという成分は本当にとてもすばらしい成分なのです。自然が女性に与えた健康と美への最高の宝物と言っていいほどの成分です。社長である私自身、医薬品を含め人生を通じて様々な成分を扱ってきましたが、これほどすばらしい成分は本当に初めて出会いました。医学博士や薬学博士のご指導を受けながら長年この成分の研究を行ってきました。他の会社が宣伝費ばかりを使って商品を売ることだけに狂乱している時に、当社はそうした費用は極力抑え、原料であるプエラリア・ミリフィカ研究に投資を続けてきました。こうした投資により得た知識は、売り上げを伸ばす以上に私たちに喜びを与えるものでした。それは、新たな夢がそこからまた生まれるからです。

プエラリア・ミリフィカは年齢に合わせ、安心できる成分を適切な量の摂取によって女性の皆様を幸せな気持ちにすることは間違いないと私は考えています。そういったすばらしい成分が今回の報道のようなことで、白い目で見られるようなことは非常に辛いことです。もったいないことです。もっともっと研究を進めれば、さらにすばらしい製品を生み出せる力を持った成分なのです。ですから、当社はこの成分のすばらしさを皆様にお届けすべく日々精進し続けたいと思います。

夏バテ解消方法

2017.07.14

東京も毎日厳しい暑さが続いています。

全国的にも33度から35度ほどの日々のようです。

来週頃には梅雨明け宣言されるのでしょうかね。

こう暑くなってくると心配されるのが夏バテです。

運動をした時の疲れというのは、基本的には筋肉を使ったことによるエネルギーの不足と乳酸の蓄積によるものですが、夏バテの疲れというのはこれとは違いますね。

夏バテというのは「どうもやる気が出ない、体がだるい・・・」といった感じですから、やや精神的な疲れ(ストレス)が入っているといった感覚があります。

夏バテというのは、暑さに対して体温を調節するために自律神経が他の季節に比べてたくさん働くことになり、神経に疲れが出てきてしまうためです。

例えば、エアコンがよく効いていた部屋から灼熱の太陽が注ぐ外に出たりすると、自立神経は機敏に働いて体温を調節しようとします。

発汗させ、その汗の蒸発により熱くなった体を冷やそうします。

普段、私達は気にかけていませんが、実は自律神経は休む暇なく働いているのです。

では、夏バテを防ぐにはどうすればよいのか。

答えは簡単です。

交感神経をあまり興奮させないようにすればよいのです。

室内を適温に保ち、気温変化による体への負担を抑えることです。

気温の高い日中の外出は控え、副交感神経をなるべく優位に持ってくるようにすること、つまり体をリラックスさせることです。

その方法としては、部屋を適温にしぐっすりと眠ることです。

心地よい睡眠をとることは交感神経を休めることになるので、夏バテを防ぐもっともよい方法といえます。

ただ、「エアコンをずっとかけて寝るのは体にはよくない」といった理由から、やはり寝るときはエアコンを切っている方が多くおられますが、結局は寝苦しい睡眠となり交感神経をなかなか休ますことが出来なくなります。

質の高い睡眠は夏バテ予防の最高策であることは間違いありません。

そのためにも、深呼吸は交感神経を休めますので、是非とも寝る前に10回でよいですから、大きく深呼吸を行ってからお休みになることをおすすめします。

このページの先頭へ