ピュア・メディカル社長ブログ『HIROの自分が変われば世界が変わる』

偏見と予見

2017.11.17

ある週末、今日は気分を変えようと思ってホテルで朝食をとりました。

ビュッフェだったので、食事を取りテーブルに戻ってくると、向かいの席に外国人の夫婦が座っていました。

年齢はご主人が40歳ぐらいで、奥さんは30歳ぐらいでしょうか。

旦那さんは黒髪で眉毛もヒゲも濃く、黒シャツに黒のズボンといった服装で黒一色です。

そして、手首にはブレスレットを3つほど付けおしゃれな姿で、腕も太く筋肉質の体をしています。

「体を鍛えるのが好きな人なのだろうな・・・」といった感じです。でも、どこの国の方はわかりません。

一方、向かいに座っている奥様は小柄で、顔立ちははっきりしているのですが、あまり顔色はよくありません。

お化粧をしているのでしょうが、あまり上手ではないといった感じです。

セーターを羽織って、その下は大きく胸の開いたシャツを着ておられました。

「バストもとても大きく、旦那様も濃い顔をしていたのでこの夫婦は、どこの国の方かな?」などと思っていました。

しかし、彼女のイスの下には食べかすがいくつも落ちています。

「床が汚くなるのに、何故拾わないのかな?」と向かいのテーブルなので目に付きます。

そして、テーブルの下にシワくちゃくちのスカートが見え、この方の上半身を見るととても素敵な女性的な方に見えるのですけど、ごみは散らかしている上に、脚はとてもとっても細く、皮膚の色も良くなくて上半身とは全く違います。

そこで私は「この女性は見えるところだけしかキレイにしない人なのかもしれないな。実際の生活はだらしない人かも知れない?でも、旦那さんはかっこいい男性だけど、彼女の一体どこが気に入っているかな?もしかしたらだまされたのかな?」などと、つまらぬことを思いながら、私は食事を続けていました。

二人は食事を終え、彼女がテーブルの上で両手を彼にさし伸ばし、彼はそれを大きな手で包み込みこんで、何かささやいています。

彼女もそれに答えて何か言っています。「ああ、互いに愛し合っているのだな」ということはわかるのですが、どうも私にとって不似合いな二人に写りました。(2人を意識的に見ているのでなく私の向かいに2人が座っていますから自然に眼に入ってしまいますので、決して監視しているわけではありません。誤解をしないで下さい)

そして、彼はコーヒーを飲み終え席を立ちました。

私はタバコでも吸いに外に行ったのかな?と思っていたら、車椅子を押して戻ってきました。

そこで、全てがわかりました。

彼女は足が不自由なために脚の筋肉がなくあんなに細かったのです。これでは運動不足となり、あのように顔色も悪く、そしていつも車椅子に座っていますためにスカートもしわくちゃだったのですね。

車椅子を彼女のイスの脇に止め、彼は彼女を抱えて車椅子にのせました。

そして、それを押してレストランから出て行く姿を見ながら、「人というのはすぐに偏見や予見でものを見てしまうものだ。」といつもこのことに気を配っている私ですが、私はまだまだこういった考えを取り除くことが出来ていないな!」とつくづく感じました。

また、「彼もとても偉いなあ。こういった海外まで彼女を連れてくる。あちこち行くのも言葉が出来なければとても不自由だろうに・・・。それでも彼女を日本に連れてきているのだから、彼女をとても大事にし、愛しているのだろうな・・・。」と、男の強さを感じました。

おいしく食べるには、やはりタイミング

2017.11.13

先週はタイでした。羽田から午前10時半の便でタイに向かったのですが、朝食を取らずに早めに空港に来たのでパスポートコントロールを終えた後にサテライトに向かう途中で軽食を取っていました。

すると、私の横のテーブルに外国人の夫妻がやってきました。

夫妻は荷物をテーブルにおいて席を確保した後、食事を注文にいきました。しばらくして、奥さんだけがラーメンにゆで卵を2つ入れ、小さなラーメンどんぶりを1つプレートの上に載せて戻ってきました。でも、ご主人は一緒ではありません。この為、このご婦人は主人が戻ってくるまで、ラーメンには手をつけずに席に座りスマートホンをずっといじくりながら待っていました。

私はそばにいたこともあって「そんなにラーメンを置いていたら伸びてしまうだろうに・・・・、早く食べればいいのに・・・」と思っていました。

15分ほどして、ご主人がやっと戻ってきました。

ご婦人はすぐに自分の分を小さなボールに取り分け、ラーメン丼をご主人に戻しました。早速、ご主人は上手に割り箸を使ってラーメンを食べ始めたのですが、何度も麵をどんぶりの中でひっくり返しています。多分、ラーメンにスープがからんでなかったからでしょう。

私は「ラーメンが伸びきって太くなっているから、これではおいしくないであろうに?」と思いながら少し様子を見ていました。すると、麵にはスープがまとわりついているような感じはなく、すっかり麵が太くなっているようです。すると、ご主人はそのどんぶりを奥さんに返して、何か言いだしました。

「これはおいしくないよ!もういらない!」と話しているのだろう。と、私は想像しました。

でも、そうではなかったのです。

では、何が起きたかというと、ご婦人はすぐにそのどんぶりを売り場のカウウンターに持っていき、スタッフに何か言いだしました。

もちろん、私は遠く離れているので何を言っているかはわかりません。(これはおいしくないから、お金を返してくださいと言っているのかもしれませんし、一方では店のスタッフも外国語で彼女が何を言いたいのか理解できなかったかもしれませんがね?)

見ているとカウンターで彼女はそのラーメンどんぶりにスープを注いでいましたから、スープを要求したのでしょうか?

しかし、これって日本人であれば絶対にしない行動でしょうね。

こんなに麵が伸びている状態でスープを入れても、これでは全くおいしくないですからね。おそらく日本人ではカウンターに行くことなく、そのまま食べ残すことになるのではないでしょうか。

でも、この奥さんはこれで満足したような顔でテーブルに戻ってきましたし、ご主人もそれをガツガツと食べていましたから、それはそれでいいのですが、なんだか日本を去る最後のラーメンとしては、これでは気の毒に思いましたね。

でも、ラーメン店が決して悪いのではなく、これはラーメンの食べ方というものを知らなかった夫妻の原因なのですからね。

今回はお客さんが外国人ですから仕方がない事です。日本人として、日本を訪ずれた夫婦には、おいしいラーメンを食べて帰国してもらいたかったです。

一方、なぜ、カウンターにラーメンスープの入った大きな鍋が置いてあったのでしょうか。こういった彼女のようなクレームが外国人から多くあるからでしょうかね?

診断書

2017.11.03

今週は2回も病院も行きました。1件は定期的に通っているためですが、もう1件は過激な運動で関節を痛めたためです。

やはり、いくら楽しくても無理してはいけませんね。

そういったことで待合室で待っている間、掲示板の「お知らせ」を見ていたら、診断書の料金が掲載されていました。

これを見てビックリしました!

診断書のというのは3,000円ほどと思っていたら5,000円もするのですね。

さらに障害に関する診断書は10,000円です。重度の障害や後遺症などの診断書については16,000円以上もあります。

掲示板に載っていることから想像して、診断書をもらうのにこんなにもお金がかかるものとは思っていない患者が多くおられるからなのでしょうかね?

実際、多くの方が「一般的には書く時間もさほどかからず1枚から2枚ほどの診断書に、何故これほどまでにお金がかかるのだ!」と思うのは同然のことです。

庶民にしてみれば「こんな簡単な作業でこれほどまでのお金を取るから医者は金持ちなのだ」といった思いがさらに増しますよね。

実際、考えてみれば10,000円というのは、アルバイト料金で換算すれば約10時間ですからね。

医者として記載内容に責任を持たなければいけないのは理解できるのですが、それでもそこまでの高額な料金を取る必要があるのか?

やはり私としては疑問がありますね。

皆さんはどうですか?

このページの先頭へ